本当にやってる?正社員登用制度

実際には実績がないという施設に騙されない方法を紹介

転職サービス会社を利用するという方法

求職者にとって魅力的な正社員登用制度。しかし、実際には求人広告上の掲載のみで、制度としては存在していても運用実施されていない施設も存在します。
求人広告だけでは、実際にどのくらいの実績として正社員登用が行われているのか求職者には分からないため、面接時に積極的に確認するしかないのが現状です。しかし介護職ではチームワークと人柄が重視されるので、目立つ質問を続けて行なうことは難しいと感じている人もいるでしょう。
またもし聞けたとしても面接時に聞ける内容には限りがあるので、結局は就職後に正社員登用制度が運用されていないことを知り愕然とすることになってしまう人もいるかもしれません。

それらのような事態を避けるための方法の1つとして、転職サービス会社を利用するというものがあります。正社員登用制度の運用実績を事前に確認してもらうのです。転職サービスの担当コーディネーターは、豊富な社内情報と過去に利用して就職した人とのパイプがあるので、介護施設内で具体的な正社員登用実績について施設側への直接問い合わせと共に実際に就職した人からも確認することができます。裏付けがあるデータを基に判断することで、本当に正社員登用が行われている施設にのみ応募することができるでしょう。
転職サービスの利用有無は、求職活動中に得られる生の情報に差が出やすいので、実際に応募しても良いと考えられる会社を絞り込むことができるのです。1人で不確かな情報を集めるよりも、具体的な情報を分析して自分の希望条件に合った介護施設のみに集中して応募できれば、自ずと介護業界への興味関心が増すことになるので安心して採用試験に臨めるのではないでしょうか。自分で集めた情報だけでは不足してしまうので、専門家を利用して確かな情報集めることから始めると良いでしょう。